プロミスは即日融資可能!ポイントは早めの申込!

 

ネットでカードローンを作りたいという方の大半は今すぐお金を借りたい方【即日融資希望の方】です。プロミスは審査が早く、即日融資してもらうことが可能になっています。

 

即日振込を希望している

即日振込が希望の場合は銀行の営業時間を考えて平日14:00までに契約を完了しておかなければなりませんでしたがこの度、

 

 

全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が拡大してます。


編集部で調査したところ、瞬フリ(24時間365日最短10秒で振込融資可能。口座登録することにより利用可能)に対応している振込先口座は公式では、

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行

で、編集部で主要なところを調査した結果は以下のとおりです。

銀行名 月〜金曜日の受付時間 月〜金曜日の振込実施時間
土・日・祝日の受付時間 土・日・祝日の振込実施時間
楽天銀行 0:00〜24:00 約10秒後
0:00〜24:00 約10秒後
りそな銀行 0:00〜24:00 約10秒後
0:00〜24:00 約10秒後
埼玉りそな銀行 0:00〜24:00 約10秒後
0:00〜24:00 約10秒後
イオン銀行 0:00〜24:00 約10秒後
0:00〜24:00 約10秒後
ソニー銀行 0:00〜24:00 約10秒後
0:00〜24:00 約10秒後

以上の銀行は24時間365日対応可能となっていますが、その他金融機関は振込可能時間が異なる事もありますので、振込融資を希望する金融機関の振込対応時間をプロミスのサイトで確認してください。

 

 

また振込依頼はプロミスの会員サイトから申込をするので会員サイトへログインするためにはカード番号が必要になります。ですがカードは後日発送になりますのでその旨オペレーターに伝えておくことが必要になります。

 

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録も忘れずにしておかないと初回30日無利息サービスが受けられないので気をつけてくださいね。


即日振込の時間外ですがどうしても即日融資を希望する

土・日・祝日でもプロミスの振込融資が対応している金融機関が増えましたので、あまり振込融資が叶わなかったという事はないと思いますが、万が一時間外だったりすることもあるかもしれません。

 

 

それでもまだプロミスでは即日融資も可能です。


まず即日融資に於いて『これが一番早く融資できる方法だろう』というような新サービスが開始されました。その名は『アプリローン』です。

 

これは契約が完了すれば、スマホでプロミスのアプリをダウンロードして、最寄のセブン銀行ATMで出力されるQRコードを読み取れば借りることが出来るというシステムで、カードレスでその日に借りることも可能なのです。

 

 

なので土日祝日だろうが、夕方だろうが、審査完了して契約さえすれば、スマホと身分証明(免許証など)で即日融資も可能なのです。

 

ガラケーなんだよね、スマホ操作苦手なんだよねって方は、契約が完了すれば以前からあるサービスの自動契約機でその場でカードが発行され融資が可能になります。そのまま借入するならその前にスマホでメールアドレス登録とWeb明細利用の登録をしておけば初回30日無利息サービスが受けられますよ。

 

会社が休みなんだけど大丈夫?

通常カードローン会社は審査の最終段階で在籍会社へ電話して在籍の確認をします。その他のローンを組む時もそうですよね。これはローン会社は必須であって避けることはできません

 

しかしプロミスではこの作業を別の方法で済ませる相談が出来ますので会社の営業日まで審査繰越しません。ネット申込後にプロミスに電話するか、申込内容確認の電話の際に相談するかすると会社の休みの日でも即日融資可能です。

 

 

プロミスなら即日融資可能な条件が揃っています。


(※即日融資は審査結果によります)

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

郵送物なし誰にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能!

全銀システムの稼働時間拡大に伴い、20時間振込可能な銀行が拡大しましたので即日振込可能が高まったプロミス。三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行いずれかの口座なら登録する事で瞬フリが利用でき24時間最短10秒で振込が可能。
自動契約機も全国に多数あるので契約完了すれば最寄の設置場所が見付かり即日カード発行も可能です。もちろんパート・アルバイトでも安定収入があれば申し込み可能ですし、銀行の保証会社もこなす審査能力でしっかり審査してくれます。
即日融資の得意な消費者金融中では金利も低く、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もあるので断然利息も少なくなります。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

即日振込・・・全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が拡大していますのでプロミスホームページで確認してください(審査結果による)。三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行いずれかの口座なら登録する事で瞬フリが利用でき24時間最短10秒で振込が可能。
即日カード発行・・・オンライン契約完了後、最寄の自動契約機で発行可能(審査結果による)。

即日融資ならどこがいいの?

即日融資できるカードローンは限られています。銀行なんかは即日振込対応してないところがほとんどで、カード発行機を持たないので即日カード発行もできません。即日審査をうたうカードローンもありますが、当日に審査結果が知らされるだけで融資は不可能な場合が多いです。

 

 

ですから即日融資ではやはり初回30日無利息サービスもあるプロミスがおすすめなのですが、低金利・高借入可能額で知名度が高くて安心なところでいうとアコムもおすすめです。即日カード発行も自動契約機の多さはプロミスに引けを取りません。

アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

楽天銀行の口座なら24時間365日最短1分で即日振込も可能。その他の口座は平日14:00までに契約完了すればアコムでは振込融資可能です。自動契約機(むじんくん)も全国に多数あるので契約完了すれば最寄の設置場所が見付かり即日カード発行も可能です。もちろんパート・アルバイトでも安定収入があれば申し込み可能ですし、銀行の保証会社もこなす審査能力でしっかり審査してくれますし、最大30日ゼロサービスもあるので利息も少なくなります。
消費者金融唯一のクレジットカード『アコムマスターカード』がありクレカ審査が厳しい人に人気があります。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

即日振込・・・平日14:00までに契約完了で可能(審査結果による)。
即日カード発行・・・契約完了後、最寄のむじんくんで発行可能(審査結果による)。

大手消費者金融三社の利息を比較

編集部のイチオシはなんといってもプロミスですが、他にもアコム・SMBCモビットなどの人気があります。即日融資に関してもこの三社はカードローンの中でも群を抜いています。なぜなら、

  • 即日振込を希望する際にそもそも即日振込サービスのない業者や早目の時間切りの業者が多い中、概ね平日14:00までに契約が完了していれば可能であるという可能性のある時間の長さ
  • 振込可能時間を過ぎてしまった時土日で金融機関が休みの時すぐに現金を引き出したい時に即日カード発行できる自動契約機がある。

という理由が群を抜いている理由になっています。そうなるとこの三社でどこを選ぼうか?といった時に比較対象になるのが利息です。なのでこの三社の利息を即日融資で借りる金額で需要の多い10万円で比較してみました。

今すぐ10万円を借りて初月元金4万円その後元金3万円ずつ返済で3ヶ月で完済した場合の利息
- 1ヶ月目の利息 2ヶ月目の利息 3ヶ月目の利息 利息合計
プロミス なし初回30日無利息サービス およそ878円 およそ439円 およそ1,317円
アコム なし最大30日金利0サービス およそ888円 およそ444円 およそ1,332円
SMBCモビット およそ1,479円 およそ888円 およそ444円 およそ2,811円

※スマホではスライドして表を見て下さい
以上のとおりです。プロミス・アコムには無利息サービスがありますので初めて利用する際の利息の差が歴然としています。即日融資の条件も整っていますので即日融資にはもってこいの案件となります。

プロミスの即日融資には欠かせない自動契約機での即日カード発行の体験談

プロミスでは振込での即日融資も多彩ですがそれでも、

 

 

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っていないので、

  • 平日14:00までに契約できなかった
  • 土日祝日の申込

こういった場合はプロミスの自動契約機に即日カード発行での即日融資に頼らなければなりません。

 

 

ネットで申込んでから審査まで全て完了していれば、運転免許証(若しくはその他の身分証明)を持っていくだけで、およそ20分掛からず(編集部の場合)カード発行できますので便利です。

プロミスのカード発行の手順

プロミスの店舗に行けば、大抵自動契約機とプロミスの自社ATMが置いてあります。SMBCモビットやアイフルの店舗より広めで、その場で借入ができる為のATMが必ず置いてある事も魅力です。

 

 

もちろん契約ルームは鍵を掛ける事ができるので、プライバシーは保てます。契約ルーム内も他社のものよりも広めに設計されていますので、圧迫感なしにカード発行まで進めることができます。

 

 

プロミスの自動契約機では、三井住友銀行カードローンの契約も出来ます。逆に三井住友銀行カードローンのACM(自動契約機)でもプロミスの契約も出来ますので、どちらかを選ばなくてはいけませんのでプロミスを選びます。

 

 

審査等は全て完了していますので、『現在お申し込み手続き中、または、既に当社とのお取引あり』を選択します。

 

 

現在の手続きの進行状況などを確認する為に、名前・生年月日を入力します。

 

 

個人情報の取扱に関する同意に同意して、本人確認書類、この場合は運転免許証をスキャンするためにセットします。

 

 

スキャンが終わったら、ここで担当者と会話する為に受話器を取ります。

 

 

事前に決めた暗証番号を入力します。

 

 

これでプロミスの即日カード発行は完了です。カード発行ができれば併設されているATMで、手数料無料で即日融資を受けることが可能です。

 

振込による即日融資をプロミスと他社を比較

即日融資の方法で振込融資による即日融資を希望することがありますよね。

 

 

  • 引落の日なのに残高不足になっている。
  • いつもの口座に振込んでもらっておいていつものATMでそのまま引き出したい。

 

こういった場合などは、即日にカード発行したりして面倒なことをするより、振込による融資を希望したいものです。しかし申込日の即日振込となると、

 

 

審査から契約に掛かる時間が、振込融資可能時間までに間に合うかが即日振込可能かどうかの焦点となります。



※ 申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

銀行カードローンは規制により全て即日融資不可能になりましたので、申込日に融資を受ける事はできなくなりましたので、即日融資の比較対象にはなり得ません。

 

となると即日融資の比較対象は大手消費者金融という事になるのですが、一般の振込融資サービスに於いてはどこも抜きん出るところはありません。しかし特別な振込融資サービスを比較するとプロミスが大きく即日融資をリードすることになります。

特別な振込融資サービスがあるのはプロミスとアコム

大手消費者金融の中にはと提携して瞬時に振込めるサービスを実施しているカードローンがあります。これが即日融資には大きなサービスの差を生みます。

 

 

提携口座であれば曜日・時間を問わず瞬時に振込融資が可能になるので契約完了すればその日に振込融資も可能です。


サービスがあるのは以下のカードローンです。

 

プロミス アコム
サービス 瞬フリ 特に名称なし
提携口座 三井住友銀行・ジャパンネット銀行いずれかの口座 楽天銀行口座のみ
条件 会員サイトで口座登録 会員サイトで口座登録

プロミスの年末年始・土日祝日でも即日融資可能?

消費者金融を利用するためのメリットといえるのが、やはりスピーディーな審査がそのひとつなのですが、銀行カードローンが即日融資不可能となった今、更にその印象は強くなっています。

 

スピーディーな審査同時に「いつでも」対応可能かどうかという点も、大手消費者金融が選ばれるかどうかの要素として重要となってきます。たとえば年末年始。銀行カードローンなどの場合は、即日融資ももちろんできないですし、年末年始は基本的に休業となりますので、お金を借りようと思った場合でもすぐに対応してもらえないというデメリットがあります。

 

では消費者金融の中でも大手と呼ばれるプロミスではどうなのかといえば、プロミスはインターネットで融資の受付を行っており、受付だけという意味でなら365日24時間体制で行われています。

 

 

ただし、これはあくまでも受付だけ、という意味であり、実際の審査や融資については必ずしも365日24時間体制ではありません。


年末年始の営業については、プロミスは基本的に元旦のみ休業日となっています。元旦だけはプロミスの自動契約機や専用ATMは稼働していないため、融資を受けるための契約や借入は不可能となります。

 

ですから年末年始にプロミスで借りたいと言う方は元旦以外の日に申込めば審査を受けられるのであとは銀行の休業日でも最寄の自動契約機に行けばカード発行可能なので借り入れが可能となります。

 

プロミスではアルバイトなどで安定収入があれば学生の即日融資も可能なので20歳以上の学生であれば元旦以外なら即日融資も可能です。

 

合わせて読みたい
プロミスは年末年始でも最短即日融資可能なんですか?

プロミスの今年の年末年始の予定も掲載!

年末年始のプロミスの申し込みは元旦以外の日に申込め!

またプロミスのお客様サービスプラザも元旦が休業日となりますが、千葉や名古屋、心斎橋などの主要エリアにあるサービスプラザは元旦以外の日であれば通常営業をしています。これは自動契約機についても同様で、年明け2日以降は通常通りの営業となりますのでプロミスで契約をすることはもちろん、借入金の受け取りも可能となります。

 

なお、大晦日の12月31日については自動契約機は早めに営業停止となり、それ以降はもちろん利用することはできません。インターネットを通してのプロミスの受付は年間を通して行っていますが、

 

 

元旦の日に申し込んだ場合には2日以降の審査となりますので、その日に限っていえばどんなに早い時間に申し込んだとしても、即日融資を受けることはできません。


ただし、それでも逆に言えば元旦以外はプロミスは通常通りの営業となっていますので、元旦さえ辛抱すれば融資を受けることは可能といえます。とはいえ、年明け早々から何かと焦るのは避けたいところですので、できるだけ余裕をもって申し込みたいですね。

 

他にも年末年始・土日祝日で気をつけたいことは、審査の最終段階では会社への電話確認である在籍確認があるので、プロミス以外のカードローンでは会社の休日には審査が完了しないと言うことですね。

 

プロミスでは会社への電話連絡による在籍確認を、別の手段で確認する相談が出来るので、審査を完了させて即日融資を受ける事も可能です。

 

合わせて読みたい
プロミスの在籍確認で勤務先に電話を掛けさせない方法

年末年始や土日祝日などの会社の休みの日にも応用可能!

編集部の体験談から導き出したプロミスの即日融資のポイントは早めに審査を申込む事!

今日は仕事が休みなのでなるべく出向きたくないし、ヤフオクでの入札動向も見ておかなくてはいけない。それでもプロミスの即日融資は大丈夫でした。審査後に契約すれば振込融資が可能だからです。振込融資にを当日中にするということは銀行の営業時間内に審査・契約をすべて済ましておかなければいけないという事。

 

 

だから早めに審査を受けることがポイントなんです。


申込みにはサイトに諸情報を入力して送信するだけ。50万円を超える、または他社借入と借入希望額の合算が100万円を超える額が希望の場合は収入の証明になるもの(源泉徴収表等)が必要です。僕はそんなにも必要ではなかったので収入の証明も必要ありませんでした。

 

入力した携帯のメールアドレスに審査が完了したので結果を報告するのでフリーコールまで電話してほしいとの旨のメールが届く。電話すると審査に通ったので本人証明を送って欲しいとのこと。あと職場に在籍確認をしますがよろしいですか?とのこと。

 

 

休みなので僕はいませんよといいましたが、それはそれで休みの確認が取れればいいみたいです。


本人証明はスマホで免許証の裏表を撮影してメールに添付して送りました。数分後携帯に電話が掛かってきて在籍確認が取れましたとの報告と携帯の電子契約のメールを確認してチェックして完了ですと言われたのでメールの到着を待つ。契約メールが送られてきて同意して送信。以上の手順を踏んで契約完了メールをもらって完了。

 

会員サービスにログインしてサービスをご利用くださいとのこと。ん?ログインにカード番号が必要だぞ?メールに記載されてないけどカード到着日まで待たなければいけないのか?

 

即日融資してもらいたいのでフリーコールに電話してその旨を伝えて段取りしてもらいました。審査が通った際にその旨を伝えておけばよかったみたいです^^会員サービスにログンして振込融資を依頼する。

 

プロミスでは平日14:00までに契約を完了すれば当日対応してくれるようなのでこれに間に合えば無事即日融資完了です。この時間を過ぎてもどうしても即日融資が必要であれば上記の手順を済ませてプロミスの店頭営業時間内に行けばカード発行してもらえるようです。

 

編集後記

言い忘れましたが初回30日無利息の特典を受けるのには会員サービスにログインしてメールアドレス登録とWeb明細利用の登録をしなければいけません。申込みと言っても規約に同意してボタンを押せば完了です。簡単でしょ?^^

 

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録しておけば後日にプロミスを利用した初回の借入日から30日の無利息期間が付いてきます。30日以内に返せば無利息ですし、30日以内ならいくら借りても無利息です。他のカードローンのSMBCモビットとかよりお得ですよね^^

 

しかし30日を過ぎれば利息が掛かってきますので無理な借り入れには注意してくださいね。

 

プロミスと言っても消費者金融ですからいくらプロミスのサービスがいいからといっても借りすぎはいけません。担保ありのローンやおまとめローンに比べると利子は高いほうです。無理して借りて後でオリックス銀行の利子に押しつぶされないよう計画的に使ってくださいね。