冠婚葬祭の後に不足するお金をプロミスで補う活用法

 

冠婚葬祭は予想外の日に発生するので困る

消費者金融を利用する場合において代表的な活用シーンといえるのが「冠婚葬祭」です。身内や知人の不幸事や、慶事というのは本当に予定外の出費が要求されるものであり、しかも必要な金額についても決して少額ではありません。そのような場合には、

 

 

スピーディに借入を受けることができるプロミスが便利かなぁ・・・


ということなのですが、実はプロミスの出番はここではありません。というのは、冠婚葬祭で用意しなければならない金額については

 

 

とりあえずは銀行に預金してある貯金で対応すべきだろ!


といったケースが多いのです。人生何があるかわからないので、こうした予定外の出費に備えて普段から積み立てているといったそんな人もいるかもしれません。また、一時的に生活費を取り崩して対応するといったケースも考えられます。

冠婚葬祭費のプロミスの出番とは?

こんな人の場合は敢えてプロミスを利用して借入を受ける必要はないのでは?と思われるかもしれませんが実はプロミスの出番はこの後です。冠婚葬祭などのように一時的にせよ高額の出費があった場合、その時はなんとかなったとしても、

 

 

一応は貯金で対応したけど少しだけ家計に影響がでるかもなぁ・・・


その後の生活費として必要なお金についてはプロミスを利用するといったケースです。勿論、この段階では必要な分は最小限の金額の借入にとどめておくことが大切です。あくまでもプロミスの利用は一時的なものであり、不足した生活費を補うことが目的です。

 

 

だけど、生活費すべてをプロミスからの借入で補うことは避けないといけないぞ!


冠婚葬祭後のプロミス利用の注意点

生活費とは食費や光熱費などの公共料金を含めたものですが、こうしたものをすべてプロミスからの借入でまかなってしまうと、たちまちプロミスへの返済にも窮することになってしまうからです。こうした理由から、あくまでも

 

 

プロミスの利用は最小限にとどめておき一時的に不足した必要経費を補うといった使い方がおすすめです。


少ない金額の融資であればその後の返済もそれほど難しくはありません。プロミスの活用事例としてこういったケースもあることを覚えておきましょう。