即日融資におけるデメリットとは?

即日融資にもデメリットはある

ほとんどのカードローン業者で利用することができる即日融資ですが、その中には当然ながらデメリットがあります。そのデメリットですが、ひとつはカードローンであることからどうしても銀行などから借入を受ける場合に比べると金利が高くなるというものです。ただし金利が高くなると言っても、

 

 

利息はそれ程変わらないというのが現状なので、デメリットに対する即日融資という効果はその効果の方が上の場合気にならない程度です。


即日融資についてはカードローンを利用するうえでの基本的なサービスのひとつではありますが、これを実現するためには審査に必要なスピードも早く完了させなければなりません。

 

必然的にカードローン業者にとってもコストがかかるものとなりますので、その分金利も高くなってしまいます。即日融資を受けるということは、それだけ高い金利で借入を受けるということを理解しておきましょう。

借入金額におけるデメリット

即日融資を受けるにあたって、もうひとつのデメリットといえるのが借入を受けることができる金額が少なくなるという点です。これは、即日融資を行うためにはそれだけ審査に必要な時間も短縮する必要があるためですが、その結果借入可能な金額についても少なくなります。

 

 

ただしこれも即日融資を受けたい場合の希望額はそれ程高くない事から、それ程気になるデメリットとは言えないでしょう。


借入金額が多くなればそれだけ確認しなければならない項目も多くなり審査に必要な時間も長くなっていきますが、融資を行う金額が少なければ確認項目も減ることから審査時間も短くなるからです。

 

少しでも多くの金額の借入を受けたいというのは、カードローンを利用する人にとってはごく当たり前のニーズではありますが、即日融資を受ける場合は、自身が必要とする金額の借入が受けられない可能性もあります。

返済時期によるデメリット

即日融資を受けた場合ですが、その分に対しては返済を行うことになります。基本的には毎月決められた返済日に支払を進めていくことになるのですが、

 

 

たとえばある月の中旬に即日融資を受けた場合には一ヶ月を待たずして返済日が回ってくるといった可能性も出てきます。


お金が足りていても足りなくても返済日に支払わなければならない金額というものは決まっていますので、即日融資を受けることによって返済に必要なお金が用意できないといったケースも考えられます。

 

もちろん初回の返済日のみお金が足りない可能性があるというだけで、そこを乗り切ることができれば特に問題はないと考えることもできますが、あまりに早くお金を借りてしまうことによるデメリットといえるかもしれません。

 

しかも冒頭で説明した通り、即日融資というものは高い金利で借入を受けることになりますので、返済については十分注意したいところです。