プロミスは年末年始でも最短即日融資可能なんですか?

 

今年年のプロミスの年末年始の予定は以下の通り!

- 12月30日(金) 12月31日(土) 1月1日(日) 1月2日(月) 1月3日(火)
ATMコーナー 7:00〜24:00 7:00〜24:00 休業 7:00〜24:00 7:00〜24:00
自動契約機コーナー 9:00〜22:00 9:00〜18:00 休業 9:00〜22:00 9:00〜22:00
新規申込 9:00〜22:00 9:00〜18:00 休業 9:00〜22:00 9:00〜22:00
OP対応問合せ 9:00〜22:00 休業 休業 休業 9:00〜22:00
自動音声応問合せ 24時間対応 24時間対応 休業 7:00〜24時間対応 24時間対応
カード紛失・盗難届け 24時間対応 24時間対応 24時間対応 24時間対応 24時間対応
お客さまサービスプラザ 休業 休業 休業 休業 休業

赤字の所が申込時に気をつけなければいけないところですが、WEB申込に関しては24時間365日受け付けていますので問題はありません。

 

重要なのは赤字の新規申込というところですね。要するにこが審査をしてくれるかどうかと言う所です。これによると注意しなければいけないのは、

 

 

  • 12月31日(木)
  • 1月1日(金)

ですね。元旦は完全に申込はできますが、審査はされませんので即日融資は不可能です。12月31日は18:00までということなので遅くとも17:00までには申し込みを完了しておかないと即日融資は不可能になってきます。しかしやはり大手のプロミスは年末年始もサービス体制が整っています。

 

 

年末年始で即日融資が不可能なのは元旦だけですもんね。


年末年始も最短1時間融資のプロミス

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

郵送物なし誰にもバレずに申込めるWEB完結も対応可能!
  • 新サービスの『アプリローン』で土日祝日でも即日融資も可能!
  • 瞬フリ・全銀システムの稼働時間拡大で振込可能時間拡大
  • 自動契約機も業界最多で近くで見付かる!
  • 初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)も業界ナンバーワン!

プロミスが土日祝日・年末年始でも即日融資で有利な理由

土日祝日でも審査を実施・年末年始でも審査の実施日が多い

いまどきのカードローンでは当たり前となってきましたが、プロミスでは土日祝日でも審査を実施。しかし銀行のカードロンなどは未だに土日祝日の審査は平日まで繰り越している所が多いです。

 

即日融資で借りるという点においては次項で述べている業界ナンバーワンの自動契約機設置台数が多いということは圧倒的に有利です。年末年始でも審査の実施日が多いことは昨年末の営業実績を編集部で確認済みです。

即日カード発行するのに有利な業界ナンバーワンの自動契約機設置台数

土日祝日の審査を実施していても金融機関の休業日なので自動契約機がないことには即日融資の可能性はなくなります。自動契約機はあっても近くにあるかどうかが問題になってきます。

 

その自動契約機が近くにあるかどうかの目安になるのが自動契約機設置台数です。以下の表のとおりプロミスは

 

 

  • プロミス自動契約機・・・約942台
  • 銀行支店を含む三井住友銀行ACM・・・約438台

合わせて約1,380台(2019年1月現在)が利用できるので断トツの業界ナンバーワンの自動契約機設置台数を誇ります。

- 設置台数
プロミス 約1,380台
アコム 約1,041台(平成30年4月現在)
レイクALSA・ノーローン 約750台
アイフル 約700台
三菱UFJ銀行 約600台

勤務先の休業日が多い土日祝日・年末年始はプロミスが断然有利

土日祝日・年末年始に契約して融資を受ける際に問題になるのが、

 

 

申込者の勤務先が営業しているかどうかです!


審査の最終でローンの名の付くものは必ず勤務先に

  • 現在も在籍しているのか?
  • 離職していないか?

を確認する在籍確認の電話を掛けます。その際に勤務先が休業日だと営業日まで審査の完了・契約が繰り越されてしまい、融資を受ける事ができません

 

そういったときにプロミスでは先にも述べたように在籍確認の電話を別の方法で確認してもらう相談ができるので土日祝日・年末年始の即日融資で有利なのです。

プロミスは金利でも有利!?

 

プロミスは消費者金融だから金利が高いんじゃないの?


と考えている方が多いようですがそうではありません。どういうことかというと例えば、

12万円借りて元金4万円ずつ3ヶ月で完済したときの利息で比べてみましょう!

利息比較表
- プロミス SMBCモビット 三井住友銀行カードローン 三菱UFJ銀行カードローン
1ヶ月目の利息 無利息サービスにより0円 およそ1,775円 およそ1430円 およそ1,440円
2ヶ月目の利息 およそ1,170円 およそ1,184円 およそ953円 およそ960円
3ヶ月目の利息 およそ585円 およそ592円 およそ477円 およそ480円
利息合計 およそ1,756円 およそ3,551円 およそ2,860円 およそ2,880円

編集部が独自調査!プロミスのメリットは多数ある

カードを持ち歩かなくてもアプリローンで借入・振込手続きできる

 

しまった!プロミスカードを忘れた!


大丈夫です。カード番号と暗証番号さえあれば会員サイトにログインしてどこにいても振込手続きが可能です。こんな時の為にもスマホにカード番号のメモを残しておきましょう。スマホでプロミスアプリを入れていれば、スマホがカード番号を記憶しているのでカード番号も必要ありませんね。

 

またスマホでアプリを入れていれば、新サービスのアプリローンも利用できます。

 

 

アプリローンは、セブンイレブンやイト−ヨーカドー等に設置されているセブン銀行ATMで借入する事のできるサービスです。セブン銀行ATMで出力されたQRコードを、スマホのプロミスアプリで読み込めば借入できるというカードレスサービスです。

限度額の範囲内であれば1,000円からでも引き出しができる

 

余計な額の借入をして利息を増やしたくない!


そんな方にもプロミスなら安心。借入額は1,000円からと小額の引き出しも可能になっています。

 

返済額を少なくしたいという方のニーズにも答えている

 

借りたのはいいけど返済していくにもピンチの月が続く・・・


そんな方にもプロミスは最低返済額を低く設定しています。

金融業者 借入残高 返済額規定 残高5万円 残高10万円 残高30万円
プロミス 30万円以下 借入額の4.2%以上 3,000円 4,000円 11,000円
アコム 1万〜30万円 最高500万円 3,000円 5,000円 13,000円
SMBCモビット 10万円以下(20万〜30万円) 4,000円(11,000円) 4,000円 4,000円 11,000円
アイフル 〜10万円(20万〜30万円) サイクル制5,000円(サイクル制13,000円) 5,000円 5,000円 13,000円
オリックス銀行カードローン 30万円以下 7,000円 7,000円 7,000円 7,000円
みずほ銀行カードローン 1万〜50万円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円

借入手段で比較してみよう!

プロミスの借入手段は

  • 振込融資
  • カードでATMでの引き出し

ですが、他のカードローンでもこの二通りになりますが、それぞれに優劣があります。

振込融資

振込融資においては

  • 振込可能金融機関
  • 振込手数料

が優劣の対象になります。

カードでATMでの引き出し

カードでATMでの引き出しにおいては

  • 提携ATMの数
  • ATM手数料

が優劣の対象になります。プロミスでは自社ATM三井住友銀行ATM手数料無料になっています。

コンビニATM・都市銀行ATM
- イーネット ローソンATM セブン銀行ATM イオン銀行ATM 三井住友銀行 三菱UFJ銀行
プロミス

アコム

SMBCモビット

アイフル

×

ノーローン

×

×

新生銀行レイク

×

×

×

オリックス銀行カードローン

Mr.カードローン

×

×

楽天銀行カードローン

×

三井住友銀行カードローン

×

×

三菱UFJ銀行カードローン

×

×

みずほ銀行カードローン

×

×

×

りそなプレミアムカードローン

×

×

×

じぶん銀行カードローン

×

×

スターカードローン 

×

×

×

×

×

イオン銀行カードローンBIG

×

セブン銀行カードローン

×

×

×

×

×

銀行のカードローンはライバル行のATMは基本使えませんので、その辺は消費者金融の方が利便性は高くなっています。プロミスではその他の銀行ATMでも利用が可能です。

プロミスのその他の提携ATM
- 借入 返済
西日本シティ銀行

横浜銀行

東京スター銀行

第三銀行

福岡銀行

熊本銀行

親和銀行

×

広島銀行

×

八十二銀行

×

クレディセゾン

プロミスの過去の年末年始の営業予定

プロミスの2015年の年末年始の営業予定

- 12月30日(水) 12月31日(木) 1月1日(金) 1月2日(土) 1月3日(日)
新規申込 9:00〜22:00 9:00〜18:00 休業 9:00〜22:00 9:00〜22:00
OP対応問合せ 9:00〜18:00 9:00〜18:00 休業 休業 休業
自動音声応問合せ 24時間対応 24時間対応 休業 7:00〜24時間対応 24時間対応
カード紛失・盗難届け 24時間対応 24時間対応 24時間対応 24時間対応 24時間対応
ATMコーナー 7:00〜24:00 7:00〜24:00 休業 7:00〜24:00 7:00〜24:00
お客さまサービスプラザ 休業 休業 休業 休業 休業

赤字の所が申込時に気をつけなければいけないところですが、WEB申込に関しては24時間365日受け付けていますので問題はありません。

 

重要なのは赤字の新規申込というところですね。要するにこが審査をしてくれるかどうかと言う所です。これによると注意しなければいけないのは、

 

 

  • 12月31日(木)
  • 1月1日(金)

ですね。元旦は完全に申込はできますが、審査はされませんので即日融資は不可能です。12月31日は18:00までということなので遅くとも17:00までには申し込みを完了しておかないと即日融資は不可能になってきます。しかしやはり大手のプロミスは年末年始もサービス体制が整っています。

 

 

年末年始で即日融資が不可能なのは元旦だけですもんね。